メインブログ「クライストチャーチ最高!」はこちら

ニュージーランドのバス事情

ニュージーランドのバス事情

ニュージーランドの主な公共交通手段はバス。

オークランド、ウェリントンなど電車が走っている都市もあっても、ニュージーランドの都市部ではより細かいエリアをカバーしているバスが便利!

慣れたら簡単だけど、海外でバスに乗るのは緊張するよね。

ニュージーランドのバスの特徴

バス停で待っていても合図しないと停まってくれないことがある

一つのバス停でも複数のルートのバスが来ることから、せっかくバスが停まっても「あ、いや、違うバスを待っているんです、このバスには乗りません」となってしまう可能性が。

自分の乗りたいバスが来た時には、手を上げてドライバーと目を合わせ、乗りたいことを示すのが大事。
これをしないとバスが素通りしてしまうこともTT

バスは全部のバス停に必ず停まるわけではない。

各バス停には何分後にどのルートのバスが来るのか表示されている機械があるところも

各停留所の名前がない、車内アナウンスが無い

各バス停の名前が無いから、「次は〇〇です」といったアナウンスも無い!
スマホで位置情報を確認し、近くに来たらボタンを押して押すことを知らせる。

スマホが無くても、バスのルートごとの地図がバスターミナルにおいてあるから、それを見て外の景色と照らし合わせ、「今〇〇ストリートにいるから、あとちょっとだな・・・」って現在位置を確認した方がいい。

※ニュージーランドでは全ての道路に名前がついているから、この道とこの道の角と分かれば地図でどこにいるのかすぐ分かる

当然慣れれば、「あ、ここで降りる!」って景色見てドライバーに合図出来るけど、最初ドキドキだよね。

ニュージーランドのバスは自転車、ベビーカーごと乗れる

自転車を前にひっかけて運んでいる姿は斬新!

これはよく見る。

バスがよく遅れる

ニュージーランドでバスが少し早く、または遅くくることは日常茶飯事。
時間に余裕を持って行動しよう><

バス通学
クライストチャーチのバスターミナルで。次のバスが何分後に来ると表示されているのを確認できる。

一番左がバスルート、真ん中が行先で右の数字があと何分で来るか。

バスに乗るときにHi! Hello! 降りるとき、Thank you!とお礼を言う

後ろから降りるからバスドライバーまで距離があっても、聞こえる大きい声でThank you!とみんな言って降りるから、自然とあいさつできる。

そんなニュージーランドのフレンドリーなところが好き^^

クライストチャーチのバスルート
クライストチャーチのバスルートマップ

バスカードを作ろう

ワーホリや留学でその都市にそれなりの期間住むのであればバスカードが便利。
suicaみたいなもので、バスで運転手さんに伝えてチャージ(英語でtop upという)出来る。

バスカードの方がバス代が割安になり、なにより現金を扱わなくていいから楽。

バスドライバーによって音楽をガンガンかけているのもニュージーランドならではw

世界のバス事情

ツイッターでニュージーランドのバスについて話したら、他の国のバス事情も教えてもらえた^^

シドニーのバス、現金取り扱い中止!

日本だったら苦情が出そうだけど、そうした方がやりとりも早くなっていいね。

たった1回乗るだけでも、シングルパスを買うんだとか。
※現金もクレジットカードも使えない

イギリスには2種類のバス停がある!

それはニュージーランドでは聞いたことが無い。
同じイギリス系でも違うんだね、面白い^^

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

上の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。