メインブログ「クライストチャーチ最高!」はこちら

クライストチャーチの銃乱射テロ時の学校の対応

クライストチャーチの銃乱射テロ時の学校の対応

ニュージーランド南島クライストチャーチの2か所のモスクで発生した銃撃事件。

 

クライストチャーチ市内の全ての学校は今日の午後、ただちにロックダウンした。

警察や教育省から解除の連絡があるまで、学校が閉まる時間を過ぎてもなおロックダウンを続けた。

 

このロックダウンは火災訓練などと同じで、定期的にニュージーランドで行われている訓練の一つ。

Lockdown drillといって、

鍵のかかる部屋に避難、窓もすべて閉める、部屋の隅に集まり体を小さくする。

電話がかかってきても出ない、その場にひっそりと誰も入ってこれない状態で過ごす訓練。

 

今日のこういった状況下では、学校に電話が殺到してしまうものだけど、電話をかけたり、学校に駆け付けるのは控えるように学校から連絡があった。

ニュージーランドの学校ではITの導入が進んでいて、普段から各家庭に学校だより、連絡事項、成績までEメールで送られているから、一斉Eメールが役に立った。

Eメールで連絡がくるありがたさを改めて実感。

今ロックダウン中で警察からの解除連絡待ちであること、生徒はみんな安全にしていることなどを時々メールで送ってくれ、解除されたときも、その後の心のケア(落ち込む場合はニュースを見ないようになど)にわたって各学校が保護者あてに何度も連絡してくれた。

 

ニュージーランドでは銃規制が厳しく、こういった銃撃事件を聞いたことないし、周りの人もこんなことは初めてだって。

敵対心を持っているような国が無く、安全で治安も良いニュージーランドですら標的になりえるとはと小学校の先生とも話していた。

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

上の「ニュージーランド情報」クリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。