メインブログ「クライストチャーチ最高!」はこちら

ニュージーランドでフラット(家)探しとその契約

ニュージーランドでフラット(家)探しとその契約

ニュージーランドで働き始めてから、

ワーホリ時代のホームステイに再び3か月滞在→ニュージーランド人の友達2人とフラット(シェアハウス)1年弱→自分の空間がほしいと、アパートを4か月の短期契約で独り暮らし

と移り住んできたんだけど、そろそろちゃんと自分名義で家を借りて、そこに腰を据えて住みたい。

どうしてもフラット生活していたり、ホームステイしていると、移住してる感じもしないんだよね。ワーホリ気分というか・・・?
そろそろ落ち着きたくなってきたのかも。

来年には夫も日本から合流予定だし。

インターネット(trade me)でフラット探し

まずはTrade Me(生活用品のオークションから、車、家、フラットメイト探しなどの情報が豊富、ニュージーランドで広く使われているサイト)で気になる物件をwatch listに保存していく。

ウオッチリストにある程度集まってきたら、掲載されている電話番号に問い合わせる。

不動産屋さんが管理しているところがほとんどで、当日の見学でもけっこう見せてもらえた!

住所が近くにある物件同士は時間差を作って予約する方法でだいぶ効率的に見学できたよ。

仕事の昼休みの1時間しか見学できないのがネックだったけど、それでも契約まで全部昼休みを利用して出来たかな。

今回私は誰かが既に借りている家を又借りする(これがワーキングホリデーや留学してる人が一般的にする方法だよね!)のではなく、自分がメインの名前でアパートをかりて、したければ自分でフラットメイトの募集を出したりすることが可能な形にしたよ。

家具ありか、家具なしか

自分名義で家を借りる場合、家具無しの家が多い!

家具ありの家を借りれば、入ったその日から生活が出来る。
でも毎週払う家賃が数十ドル高くなる・・・

家具無しの家を借りたら、家財道具とか買わないといけないけど家賃が数十ドル安くなるから、長く住むなら自分で買った方がいい。

いろいろ見て、家具無しに決めた。

家具無しといってもホワイトウエア(日本語でいうところの白物家電?冷蔵庫、洗濯機、ディッシュウオッシャーなど)は既に設置されているところを選んだの。

毎日トレードミーをチェックして、だんだん疲れてきていたから、決まったときは嬉しかった!

ニュージーランドでホテルに住む

さっそく今住んでいるところのパッキングを始めた

セキュリティーがしっかりしたところで快適だったんだけど、studio(ワンルーム)だから荷物を置くスペースもほとんどない!
仮住まいって感じがしたからもう少しちゃんとしたところに引っ越したかったんだ。

ニュージーランドで家を借りる契約

多くの家は不動産屋さんが管理していて、不動産屋さんのオフィスで契約書を確認して不明な点はその場で質問し、納得したらサインする。
事務所で15分程度で完了!
ボンド(預け金)もその場で支払ったよ。

不動産屋さんを通していなければ、オーナーさんとの個人的なやりとりになる。

今回は不動産屋さんを通してるから、何かあったら全てそこのオフィスの担当者に問い合わせればOK.
オーナーさんはニューヨークに住んでいるんだとか。

更新日:2009年4月