留学・生活情報

ニュージーランドで携帯電話を使う!契約方法やプラン、料金は?

携帯、スマホのデータを使う

ニュージーランドに留学、ワーキングホリデーで滞在するならニュージーランドの携帯電話は必須!日本の携帯電話でもローミングを使って海外で利用できるようにしておけば使えますが、NZ国内同士での利用でも国際通話となるため、ホストファミリーや友達が気軽に連絡できません。

ニュージーランドに到着したら、まずはニュージーランド国内の携帯会社と契約するなどして国内通話で携帯電話を使えるようにしましょう。

ホームステイをする場合には、ホストファミリーとの連絡手段としても必要ですし、短期留学でもNZの携帯電話を使えると何かと便利です!

ニュージーランドの携帯電話会社

留学中の携帯電話ニュージーランドにある主な携帯電話会社は、Vodafone、Spark(旧Telecom)、2 degreesの3社。最近はSkinny Mobileや、ホームセンターWearhouseのWearhouse Mobileなども独自の格安携帯プランを出しています。

プランも少しずつ変化してるので、分からなければ各携帯ショップに一度説明してもらうといいかもしれませんが、主要な携帯会社のVodafone、Spark(旧Telecom)、2 degreeなら専用のショップも出しているので、困ったら簡単に聞きに行けます。

携帯電話ショップ

Vodafone、Spark、2 degreeといった大手の携帯電話会社であれば、ショッピングモールや市街地に店舗があります。Vodafone、Sparkは、国際空港であるオークランド空港やクライストチャーチ空港、ウェリントン空港にも店舗があるので、空港でそのままプランに入り、使い始めることも可能。シムカードだけであれば、電気屋さんなどでも購入することができます。

月額契約にする?プリペイドにする?

携帯電話の契約は、日本と同じでプリペイド式と月額契約の2通りあります。ただ、日本と異なりプリペイド式はとても一般的!

月額契約は通常1年以上の契約となりますし、プリペイドに比べそれほど得という感じはしません。プリペイドといっても、携帯会社ごとに複数のプランがあったり、好みに合わせてプランを組んだりできたりと自由度も高くなっており、留学生やワーキングホリデーで来る場合は、プリペイドのプランを使うのがほとんどです。現地に住んでいてもプリペイドにしている人は多いです。

プリペイドの利点

プリペイドでの利用であれば、支払った分までしか利用できないので、後から多額の請求が来たり、引き落とされる心配がありません。

またニュージーランドにはプリペイド用のプランがいくつもあり、データを増やしたりなど、自分に合ったプランが組めます。プリペイドなのに無料通話や相手を選んでの話し放題プランもあります。

プリペイドの契約に必要なもの

契約にはID(パスポートや免許証などの身分証明書)は必要ありません。携帯電話ショップで好きな携帯電話を選び、Simカードを購入して入れるだけ。

日本から持ってきたシムフリー携帯電話であれば、Simカードを挿入して後は設定をすればすぐに使えるようになります。

プリペイド式携帯電話:お金のチャージ方法

プリペイドの携帯電話で残額が少なくなった場合に再チャージすることを、トップアップ(Top Up)と呼びます。クレジットカードがあれば、オンラインでのトップアップも可能です。

クレジットカードが無い場合は、リチャージナンバー(Recharge Number)の書かれたレシートを購入し、携帯電話にチャージします。トップアップは20ドルから。携帯電話ショップや電気屋さん、スーパーマーケット、ガソリンスタンド、コンビニエンスストアーなど多くの場所で購入することができます。

Top Upは、携帯電話会社のサービス番号に電話し行うか、Recharge Numberを携帯メールで所定の番号に送るだけなので簡単!
ショッピングセンターなどにある携帯電話会社のショップに直接持っていって直接チャージしてもらうこともできます。

VodafoneのフレキシプランVodafoneのフレキシプラン。自由にプランを組むことができる。


毎月使いたいデータ通信量、通話時間、TXT(携帯メール)の無料分を自分で組み合わせて支払うプリペイドのプランもあります。

ニュージーランドの携帯プランも、日本のスマホのプランと同じで常に変わり続けています。最新情報は直接携帯ショップやインターネットで確認してみてください。

携帯電話の価格は?

vodafoneの格安smartphoneVodafoneの格安Smartphone

スマートフォンでも40ドル程度からあります。100ドル以下の格安なスマートフォンは、動きもかなり遅いですし、操作していてストレスを感じるかもしれませんが、インターネットで検索したり、地図を見たり、オンラインでメッセージや会話をするなら十分!アプリを入れれば日本語入力に変更もできます。

携帯電話は数百ドルのミッドレンジから1000ドル以上する高機能なiphoneなどのスマートフォンまでバリエーションが豊富。滞在期間やどのように使いたいかなどに合わせて購入するとよいでしょう。

日本から携帯電話を持って行って使う!

日本で使っていたスマートフォンのSIMロック解除して持ってくれば、そのまま使うことも可能です。SIMロックの解除については、日本で契約している携帯電話会社にご確認ください。

日本でシムフリーの携帯電話を利用している場合は、そのままニュージーランドでも使用することができます。

レンタル携帯ってどうなの

日本で事前に携帯電話やポケットWifiをレンタルして持ってくるのはどうか?という質問も多いですが、ニュージーランド現地での携帯電話もそんなに高くないですし、期間にもよりますが、紛失するリスクや値段を考えると、日本からレンタルしてくるメリットは少なくなっています。

100ドル程度のスマートフォンであれば、テザリングの機能も付いていることが多いので、Wifi Hot Spotとしても利用できます。テザリングが使えるかは購入時に確認しましょう。

RELATED POST