留学・生活・ワーホリ情報

ニュージーランドの首都ウェリントン:生活情報と見どころ

ウェリントン

芸術の町

ウェリントン(Wellington)は北島南部にあるニュージーランド首都。映画「ホビット」や「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督の故郷としても知られており、ニュージーランドの芸術や文化の中心地となっています。 町の中心部から美しいビーチまで徒歩で行くことができ、街中にはアートやオブジェなどがいっぱい。ニュージーランド最大の国立博物館テパパはニュージーランドの歴史や文化を知れる貴重な場所で、1日かけても見切れないというくらい充実しています。

ニュージーランドでは大きな都市でありながらアジア人比率が少なく、ヨーロッパからの留学生に人気の都市なので、日本人にとってはより外国に来たと感じるでしょう。港町なので海沿いを散歩したり、放課後に友達とお洒落なカフェめぐりをして楽しく英会話なんてのもいいですね。

 

 

観光スポット

①Te Papa

ニュージーランド最大の博物館

Open every day 10am—6pm (except Christmas Day)

②The Beehive

 

③Weta Cave Workshop

 

④Wellington Cable Car and the Kelburn Lookout

交通手段

Wellington バス区域

ウェリントンの交通は一部電車もありますが、語学学校等のあるシティセンターへはバスが主流です。

坂道が多く風の強い地域なので、自転車で通うのはおすすめしません。

バスカードについて

バスカードのSnapperカードを購入すれば、割引料金となるのである程度の期間滞在するなら作っておくとよいでしょう。チャージはスーパーやコンビニ、駅で行えます。

一般的なバス料金は?

Snapper cardの料金Snapper cardを利用した場合の料金

1回2.85~3.8ドル。

区間ごとに料金が異なり、市内から離れるほどバス料金は高額になっていきます。ホームステイはZone2~3となることが多いので、Snapper Cardを使った場合のバス料金は片道2.85~3.8ドル(往復5.7~7.6ドル)が一般的。長期で学校に通う場合は、Tertiary Concessionを使ってさらに割引料金が使えることもあります。

参考:Youtube動画で見るウェリントンの通勤、通学電車
ウェリントンの通勤電車

ウェリントンの語学学校に通う!

 

ウェリントンの語学学校:

ああ

ああ