ニュージーランドで車を運転したい!

ニュージーランドでは、車は日本と同じく左側走行となります。また道幅が広いので運転も容易ですし、大きな都市の市街地でなければ道路もシンプル!
海外での運転は心配ですが、実際に運転してみると日本と比べて容易と感じる方も多いです。

ニュージーランドで車を運転するには、もちろん運転免許証が必要ですが、運転免許のテストをしてニュージーランドの普通運転免許証を得る以外にも運転する方法もあります。ここでは、NZ国内で運転するのに必要な免許証について簡単に紹介します。

 

車の運転に必要なものは?

NZ国内で運転するには下記のいずれかが必要です。

1.日本の運転免許証と国際運転免許証を携帯(有効期限1年間)

2.日本の運転免許証と免許証の英文訳(運転免許抜粋証明)を所持(有効期限1年間)

3.ニュージーランドの運転免許証(有効期限10年間)

 

国際運転免許証

まず第一に思いつくのは国際運転免許証。住民票のある地域の運転免許センターや一部の警察署で作ることができます。日本国内での発行となるので、渡航前に準備する必要がありますが、ニュージーランドに到着後すぐに運転すること可能です。
国際運転免許証は、顔写真がついていますが身分証明書(ID)として利用することはできません。ですので、バーに行く場合などIDとして見せても入れてくれないことが多いので注意!
国際運転免許証の発効には、証明写真、免許証、パスポート、国外運転免許証交付申請書、印鑑、手数料が必要です。 地域により必要なものや手数料が異なるので、予め発行してもらう運転免許センターにお問い合わせください。

運転免許抜粋証明を作る

国際運転免許証を忘れても、日本の運転免許証の英文訳(運転免許抜粋証明)と、日本の運転免許証を一緒に所持すればニュージーランド国内で1年間運転することができます。
免許証の英文訳(40ドル程度)は在ニュージーランドの日本領事館等で作ることができます。

NZの運転免許証への書き換えについて

日本の運転免許証を所有しており、また取得後2年以上経っている人に限り、筆記試験と実技試験を行うことなく、ニュージーランドの運転免許証に簡単に書き換えることができます。(2009年4月1日より)

ニュージーランドの免許証なら日本の免許証と同じカードサイズですし、ニュージーランド国内での身分証明書IDにもなります。それに有効期限が10年と長いのので、日本帰国後に再びニュージーランドへ旅行等で来る場合にもそのまま利用できます。

ニュージーランドの免許証に書き換える場合は、領事館等で日本の運転免許証の英文訳(運転免許抜粋証明)を作成してもらい、AAに行って書類を記入、視力測定をするだけ。必要書類については、予め確認ください。

ニュージーランド国内での運転ルールや登録、車検についてはこちらを参照。
→ニュージーランドで運転する

ページ上部へ戻る