メインブログ「クライストチャーチ最高!」はこちら

NZeTA、IVLの申請方法、知っておきたいことまとめ

NZeTA、IVLの申請方法、知っておきたいことまとめ

日本はニュージーランドのビザ免除協定対象国だから、今まで3か月以下のニュージーランド観光や短期留学の際、航空券さえ持っていれば空港に直行できた。

ところがニュージーランド政府は、2019年10月1日以降,NZeTA(電子入国許可)とIVL(観光税)の導入を決定!

今後は日本を含む対象国から観光等を目的にニュージーランドへ入国する場合、NZeTAの事前取得が必要に。

2019年10月1日からは、たとえ3か月以内の観光、短期留学でもオンライン申請またはアプリでの申請、料金の支払いをする。

この記事では、知らなかったでは済まされない電子入国許可NZeTAと観光税のIVLの申請方法や支払い方法について紹介するよ。

そもそもNZeTAやIVLって何?申請方法は?日本語翻訳はどこ?といった基本情報から注意事項までまとめてみた。

オークランドのコストコ

NZeTAって何?

NZeTAとは、電子渡航証 のこと。
New Zealand Electronic Travel Authorityが略されている。

セキュリティーを強化して、入国手続きをスムーズにする目的で2019年10月1日より導入される。

申請料金は、専用アプリを使用した場合9ニュージーランドドル
サイトからの申請で12ニュージーランドドル

NZeTAアプリを利用すれば3ドル安くなるからお得だね!

※一度申請すれば2年間有効、2年の間何度でも渡航できる
(ただしパスポート期限まで)

ニューブライトン

オーストラリアに旅行するならイータス(ETAS)の申請が必要だし、

アメリカもESTAが申請が必須なのは有名だよね。

カナダだって同じような制度だったから、ニュージーランドにも来ると思っていたけど、こんなに早く導入されるとはTT

NZeTAの申請対象者・申請しなくてもいい人

ワーキングホリデービザ、学生ビザ、ワークビザ、永住権など既にニュージーランド滞在のために有効な査証(ビザ)を持っていればNZeTAは不要

IVLは支払う必要があっても、ビザ取得の際にIVLも支払っているから別途手続きをする必要は無し。

ニュージーランドの羊

私もニュージーランドの永住権を持っているから大丈夫か。

ニュージーランド人でニュージーランドパスポートで渡航する人、オーストラリア人でオーストラリアパスポートで渡航する人もNZeTAの取得は不要。

IVL(観光税)とは?

ニュージーランド入国前にNZeTA申請費用だけじゃなく、

NZeTA申請時、申請費用の支払いと同時にIVLという観光税35ニュージーランドドルも支払う。

(NZeTA申請最終画面でIVLを合わせて支払いする。
パソコンからでもアプリからでも同じ料金)

IVLはInternational Visitor Conservation and Tourism Levyの略。

※ニュージーランド観光客受け入れのために整備していかないといけないから、入国者から観光税を徴収することになった

コーヒー

NZeTAの申請方法

ニュージーランド移民局にNZeTAを申請する方法は二つ。

アプリからの申請

・NZ移民局のモバイルアプリをダウンロード。

<スマホアプリダウンロードはここから>

Apple Store https://apps.apple.com/nz/app/nzeta/id1470900142
Google Play  https://play.google.com/store/apps/details?id=nz.govt.mbie.eta

スマホからでも申請しやすいように、NZeTA導入に合わせてスマホアプリも開発してくれるあたりさすがニュージーランド…!

パソコンからの申請

・パソコンでここからオンライン申請
※上のリンクをクリックすると、NZeTAの英語での説明が出てくるから下までスクロール、その下のREQUEST AN NZETAというボタンから申請をスタート。

パソコンからでもアプリからでも所要時間は15分ほど

■ニュージーランド移民局による日本語の申請ガイドはこちら。
これに沿って一つ一つ入力していけば、特に問題なく記入できる。

各項目の日本語訳だけでなく、同意項目についての細かい文章まで翻訳されていて便利!

アプリでもPCからでも、全て記入したら最後、クレジットカード(VisaまたはMasterCard)で支払いが完了。

ジェットスター 搭乗

NZeTA申請後の流れ

NZeTAのフォームに全て記入し申請手数料の支払い後、数分以内にニュージーランド移民局発行の領収メールが届く。

多くの場合で、申請後10分以内にNZeTAの発行通知メールが来て完了。

この発行通知メールを印刷して持っている必要はないけど、記載されている照会番号はNZeTAの状況確認に使えるからメモしておいてもいいし、念のため印刷して持って行ってもいいよね。

※NZeTA申請時に登録したメールアドレスの迷惑メールにメッセージが来ていないかどうかも確認する。
ニュージーランド移民局の自動作成メールがスパムフィルターによってブロックされることがあるから注意。

申請の注意点

・申請フォームに必ず正しい情報を入力する。
記載内容が事実と異なる場合、渡航できなくなる可能性も。

※特に名前のスペルがパスポートと一致しているか、誕生日など必ず2度チェックしよう

・申請から発行まで、最大72時間かかる。
空港からあわてて申請をしても、その場で出ればいいけれど審査が間に合わず飛行機に間に合わなくなってしまったら大変。
航空券を取った時点で、余裕をもって申請したいところ。

・NZeTAが発行された後、通知メールに正しいパスポート番号などが記載されているかもう一度確認しておいたほうがいい。
入力ミスがあると万が一渡航できなくなると困るので^^;

・NZeTAは申請者の旅券に電子情報としてリンクされ、最長2年あるいは旅券の有効期限内は有効

クライストチャーチ空港

もし申請内容に簡単なミスがあったら

NZeTA申請時にパスポート情報の更新、名前、メールアドレスの変更、ちょっとした入力ミスなどがあった場合、ここから申請できる

ただしパスポートの失効、またはNZeTAにちょっといた入力ミスではない大きな変更がある場合は、NZeTAの再申請が必要。

この情報はニュージーランド移民局から発行されている文章をまとめたものだけど、詳しくはニュージーランド移民局のサイトからチェックしてみてね。

このブログ筆者、晝間尚子(ひるまなおこ)が運営するニュージーランド現地留学会社クオリティーニュージーランドのページはこちら→クオリティーニュージーランド

ワーホリでの語学学校、大学を休学して語学留学、中学、高校、大学、専門学校、不登校からの留学など幅広くニュージーランド留学を取り扱っています