メインブログ「クライストチャーチ最高!」はこちら

失効しないニュージーランドの永住権。世界と比較

失効しないニュージーランドの永住権。世界と比較

海外就職、移住の話になると、キーとなってくるのが「ビザ、永住権」の話。

永住権とはビザの一種。

パスポートは日本のままでも、ビザの期限切れを気にせず、ニュージーランドに好きなだけ住んだり、働いたり、学んだり自由に滞在することが出来る。

その国の市民になるわけではないけど、ほぼ同等の権利が得られる!

 

例えばニュージーランドの永住権を持っていると…

・出産に関わる費用や医療が基本的に無料
・投票する権利
・失業保険
・無利子の学生ローンが借りられる
・条件を満たせば年金がもらえる

などなど、ニュージーランド人とほぼ同等の社会保障を受けられる。

私もニュージーランドで妊娠、出産した時は一度もお金を払うことが無く、助産師さんがついて安心だった。

 

ニュージーランドの永住権は国を出ても失効しない

イギリスやカナダ、アメリカやオーストラリアなども外国人に永住権を出しているけど、そのほとんどは期限付き。

決められた期間以上、国を出ていると更新できなくなってしまう。

その点ニュージーランドの永住権は一度無期限の永住権を取得すれば更新の必要なし!

滞在日数要件も無し。

ニュージーランド以外の多くの国では、超苦労して取った永住権が無くなってしまうなんてキツイ

海外移住って「いかにして永住権を取るのか。方法は?期間は?金額は?」って話ばかりにフォーカスされるけど、永住権を取ってからが本当の移住生活の始まり

そこがスタート地点だから、永住権を取ってからのルールもチェックしておきたいところ。

家庭の事情や、仕事などで日本や海外に行かなきゃいけない人も普通にいるはず。

他の国ではどうなのかな?と思ったら、ツイッターで海外在住の方からビザ事情を教えてもらった^^

やはり失効する?世界の永住権事情

ツイッターで永住権について書いたらすごい反響があって、世界各国に住んでいる人からその国の永住権事情を教えてもらったからここで紹介するね。

イギリスの永住権

ニュージーランドと関係の深いイギリスでも、2年間イギリスを離れると永住権が失効してしまう!

普通に住んでいる分にはイギリスを2年も離れることはないだろうけど、長い間住んでいればその間に何があるか分からないものだよね><

スペインの永住権

1年以上スペインを離れると失効するものの、かなり簡単に復活できる!

実質ニュージーランドと同じで海外に出ることを心配しなくてもいいのはいいね^^

それにしても、スペインに5年住み続けると永住権がもらえるってすごい。
ニュージーランドは住んでいる期間というよりは、スキルと英語力と学歴と年齢と…複雑なポイント制。

カナダの永住権

5年間のうち2年間住めなかったら失効してしまうカナダの永住権。

日本は二重国籍を認めていないけど、カナダの国籍を選択する人もいるんだね・。・

アメリカの永住権、半年で失効!

世界中から移民が大量に押し寄せるアメリカ。

ビザが厳しいことは世界的に有名だけど、なんと半年海外に出たら永住権失効という厳しい法律!

 

そっか、他の国では永住権更新費用もかかるのか!

海外の永住権を取る人って、国際的にどこでも働けるような人たちだから、アメリカだけでなく他の国も見てみたくなると思う。

それなのに六か月アメリカを出たら失効って厳しいTT

申請すれば最長2年までアメリカの外に出られるけど、それも人生に1回って!!!

https://twitter.com/designwalker/status/1078714528643276800

アメリカの永住権を申請してから取得まで8年かかったって、長すぎて絶句。

その間にビザ切れちゃうからつないでいかないといけないし…

世界中どこにいてもアメリカに納税義務

え、それってニュージーランドで働いていたらどうなるんだろう、ニュージーランドで税金もひかれ、アメリカにも納税?(混乱)

アメリカをどれくらい離れていたら永住権が無くなるってケースバイケースなんだろうけど、それにしたって厳しい印象。

香港の永住権

アジアの国、香港から

おおー!3年以内に国に入ることが出来ればセーフ!

これなら無理なく永住権を維持し続けられそう^^

アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランドの永住権

まとまった情報が!

アイスランドも永住権が失効しないとは。

でもアイスランドってアイスランド語だから、一から違う言語を学ぶのはハードルが高そう…。

英語圏で先進国となると、永住権が切れないのはニュージーランド位なのかな。

台湾の永住権

最近は、ただ外国に「移住する」だけじゃなく、2か国かそれ以上を行き来する自由なライフスタイルで生活する人も。

そんな場合、ニュージーランド以外だと滞在日数の管理が重要になってくる?

オーストラリアの永住権

5年中、2,3年位合計でオーストラリアに居ないとオーストラリアの永住権が失効してしまう。

オーストラリアの永住権更新料金もばかにならない。

 

オーストラリアの永住権があれば、ニュージーランドの永住権も簡単。でも・・・

オーストラリアの永住権を持っていると、ニュージーランドに入国しただけでNZの永住権がもらえるというとんでもない制度がある。

でもニュージーランドの永住権を持っていても、オーストラリアに入国しただけで永住権は取得できない!
それどころか観光で行くだけでも例のビザを取らなきゃいけない位なのに@@

ところが、その方法でニュージーランドの永住権を取得しても、NZに長くいればオーストラリアの永住権を失効してしまうんだとか。

実際の話をハミルトン在住のjujucoさんから聞いた

オーストラリアの永住権を実際に失効した話ってはじめて聞いた。

まだまだ紹介しきれないほどツイッターで教えてもらって、世界の永住権事情の生の声が聞けてすごく興味深い。

ニュージーランド永住権の申請について

ニュージーランドの永住権取得についても聞かれたから、大まかなイメージを掴むためにここを参考にしてね^^

ニュージーランド永住権申請にかかった費用のまとめ

ニュージーランド永住権にかかった費用は約1万ドル(80万円)内訳を書き出してみた。

 

ニュージーランド永住権で私が提出した書類のまとめ

ニュージーランドの永住権で私が集めた書類一覧。

これは私が取得した時の情報だしケースバイケースだから参考程度にしかならないけど、それでもこれだけ細かい書類を時間かけてたくさん集める必要があるのは伝わると思う。

 

それぞれの国の移民法はケースバイケースだし、常に変化しているから、ツイッターの噂話程度で参考にしてね。

それにしても2018年12月現在の世界の永住権事情が一気に聞けて、ニュージーランドの永住権もそのうち条件を変更されてしまうのではとちょっと心配にもなった^^;

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

上の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。