メインブログ「クライストチャーチ最高!」はこちら

ニュージーランドのリンゴ農園見学

ニュージーランドのリンゴ農園見学

日本は南半球と季節が逆だから、輸入されたニュージーランドのリンゴも売っているよね。

しゃきしゃき、ジューシーで美味しい!

ニュージーランド南島北部ネルソン旅行中に、友達のリンゴ農園を見学させてもらったの。

りんご園見学ははじめてで、入口からテンション上がるw

ニュージーランドのリンゴ農園

重機が行き来し、小さなリンゴがたくさんなっている&落ちている道を通っていくだけで息子は
「赤ちゃんりんご、おちた、たいへん!」

って言って喜んでた^^

ニュージーランドでリンゴ栽培

ここで約3万本ものリンゴを育てている

 

そんな広いりんご園の中の、大きな家に案内してもらったよ。

モダンで広々としたキッチンには、おうちカフェが開ける位にマシーンが充実

 

りんご農園にはたくさんの人が働きに来ていて、特に最近はサモア、トンガなどのパシフィックアイランド(ニュージーランドの北にある)から来る人達に、シーズナルワーク(季節労働)用の最大6か月のビザが出るんだとか!

シーズンの終わりには、ここで働いている人200人ほどで集まってパーティーするんだって。

楽しそうー!!

 

美味しい手料理をごちそうになったあと、リンゴ園の中を案内してもらいながら散歩。

ニュージーランドの農家

V字でりんごを育てるのはニュージーランドでも新しい技術。収穫の時期にはりんごの壁が出来る

アメリカでは、さらに最新の技術があって、全自動収穫機が。

センサーで熟れているりんごを選んで収穫してしまうんだとか・。・

 

ここでは人が機械に乗って収穫していって、傷があるものはジュースになる

りんご ニュージーランド

果樹園で働くのは、ニュージーランドのワーホリでも定番の仕事の一つ。

以前友達がネルソンのりんご園で1か月ほどリンゴ収穫のアルバイトをしたときには、大きな籠を背負って、脚立に上ってリンゴをとってたって話してたっけ。

チェリーピッキング(サクランボ収穫の仕事)をした後だったから、そのリンゴの重さに大変!!って話を聞いていただけに、機械で収穫って驚いた。

機械を導入すれば大幅に人件費を削減できそう。

 

それから、ニュージーランドの秋冬はリンゴ園に羊を放つって聞いた。

牧場の人が勝手にフェンスを作ってくれて、放牧してくれるから手間いらず。

草刈りの必要もないし、羊にとってもまた違うリンゴ園の穀物が食べれてお互いにとっていい!

リンゴ園に羊がいっぱい…って絵になりそうw

 

ニュージーランドのスーパーにはリンゴの種類が多いけど、日本人向けに美味しい種類は?って聞いたら、

ambrosia(エンブロージア)というリンゴがアジア人に人気って。

スーパーで見かけたら買いたいな~^^

 

ニュージーランドブログランキング参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

上の「ニュージーランド情報」をクリックすると投票されてランキングが上がるから、クリックよろしくね。